サイトメニュー

具体的施術の種類

女性

まずほくろ除去方法として使われるのがレーザーですが、レーザーを使用するほくろ除去ではQスイッチレーザーや炭酸ガスレーザーなどを使うほくろ除去方法の種類があります。これらの方法は治療中に例えがを感じたとしても、その時間を短くれた痕が残る可能性は低いとされているのです。しかし、ほくろ除去を完全に除去することは困難で再発する可能性が比較的高いほくろ除去方法になります。次に高周波メスもしくは電気メスですが、このような高周波ネストや味噌を使ったほくろ除去方法ではほくろをかさぶたのように薄く固めてその固まったかさぶたを削り取って除去する方法になります。直径4センチを超えるような大きなほくろや盛り上がりはあるほくろに対するほくろ除去の手術方法としてはオススメの治療方法なのです。また、このような除去すると同時に痕も固まって止血されるようになるため、出血がほとんどなく痕の方々の必要は無いのですが、削りすぎてしまった場合には皮膚が凹んでしまう可能性があるのです。次にくりぬき法というほくろ除去方法もありますが、これは目がパンチなどの円筒形の器具を活用することによってほくろよりも若干大きく傷をくりぬいて切除して縫合せずに軟膏などを乗って止血する除去方法になります。"この方法は6 mm以内の小さなホクロや花や口元近くにある様なホクロにも有効なほくろ除去方法だと言われています。次に切除縫合ですが、この切除縫合というものはメスを使ってほくろの周辺から紡錐形に切開して、その後縫い合わせるといったようなほくろ除去方法になります。このほくろ除去方法は、直径6ミリを超えるような大きく膨らんだほくろのほくろ除去に適している方法とされています。このような切除縫合では1ヶ月程度で赤みは目立たなくなってしまうようですがほくろ除去の傷跡は完全な完治は困難なようです。ただし、メイクなどによって隠せる程度で目立つことがない場合がほとんどのようです。このダウンタイムですがほくろの大きさやは及びホクロ除去施術方法によっても違ってきます。どのほくろ除去方法でも治療後すぐにはほくろない綺麗な肌になるわけではありません。またほくろ除去した後は、そのアフターケアは大切なことになります。

Copyright© 2019 ほくろ除去したい人の為の美容整形情報サイト! All Rights Reserved.