サイトメニュー

除去後のケアについて

顔に触れる女性

ここではほくろ除去をした後に起こり得る症状や実施すべきアフターケアについて説明します。一般的にホクロ除去後に起こりうる症状や失敗というものが起こりえます。ほくろ除去さえすればすぐに肌が綺麗になるというようなことはなく、このようなほくろ除去手術を受けるとのに様々な症状が起こるケースもあります。そのためほくろ除去施術を検討しているような人はあらかじめどのようなことがほくろ除去によって起こる可能性があるのかを知っておく必要があるでしょう。ほくろ除去施術をした直後はその患部が赤みを帯びてしまう事も多いようです。特にレーザー治療によってほくろ除去もしたような場合には、他の方法よりも赤みがより強く出ることがあります。このような赤みはほくろ除去の施術をしてから時間が経過すれば引いていくため、それほど気にしすぎる必要ありませんが、長期間赤みが続くようであれば、担当医師に相談をした方が良いでしょう。またほくろ除去手術後患部が黒っぽくなるような場合には、その原因は次のようなものが考えられます。一つは一度のほくろ除去手術で除去が不可能なほくろだった場合ですもう一つは新たにほくろが再発しているといったようなことがあります。一度ので除去できないほくろとは根が深いようなほくろの場合には一度でほくろ除去することができないケースもあり、その場合には、に分けて数回に分けてほくろ除去施術を行います。そのため、このようなほくろ除去施術後にシミのような黒目がある場合には、様子を見て刺激をしないように注意して過ごした方が良いでしょう。またほくろが再発している可能性もあるのです。ほくろ除去施術をしてから1ヶ月ぐらい経過してからぽつぽつと黒い点が出始めたような際には、もしかしたらほくろが再発しているかもしれません。そのために始めた黒いどんな様子をしっかりと観察をしておきましょう。その上で、出来る限りしっかりと日焼け対策をちししほくろ除去手術をしたクリニックなどで改めて黒くなっている部分を除去するか様子を見るかを相談してみると良いでしょう。また、ニキビ痕や火傷痕に色素沈着しやすいようなタイプの人はレーザー治療によっても一時的に色素沈着が起こってしまうケースがあります。このように皮膚に刺激を与えられたことによって一時的に黒く色は新着をしてしまうようなことを反応性色素沈着といいます。このような反応性色素沈着の場合は2週間から4週間程度でその色素沈着をした黒ずみを聞いていくことが多いのです。 そのため患部に出来る限り刺激を与えようにして過ごせば徐々に薄くなっていくようです。ただし、このような反応性色素沈着とは違った別の色素沈着を起こしている場合には、その色素沈着が治らないケースもあります。レーザーでほくろ除去した後の肌は非常に敏感で、かつ紫外線を吸収しやすくなっており、また刺激にも弱いため、色素沈着を起こしやすくなってしまい黒くなりやすいと言われています。そのためほくろ除去手術をした後は日焼け対策を万全にするといったようなアフターケアをしっかりとするように指示を受けることもあるのはそのためなのです。

Copyright© 2019 ほくろ除去したい人の為の美容整形情報サイト! All Rights Reserved.