サイトメニュー

ほくろの治療は痛いのか

女性

麻酔しない治療

ほくろ治療を考えるとき、気になるのは痛みではありませんか?「どのくらい痛いのだろう」と不安になっている方の為に、ほくろを除去する際の痛みについて解説していきます。実はほくろの除去手術の中で、一番痛みがあったと言われているのが、麻酔の注射だったという人も多くいます。顔のほくろを除去する場合、局所麻酔で顔に麻酔をすることになります。その麻酔によって、治療の痛みが無くなっているので、麻酔が一番痛いと感じる人が多くいるはずです。では治療自体の痛みも解説していきましょう。まず最初は、炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザー治療は必ず麻酔をする治療になるので、レーザー治療自体の痛みはありません。麻酔をしてしまうと、レーザー治療をしている感覚さえもないという人がほとんどだそうです。また、手術後の痛みもないそうです。次に電気メスの施術の場合です、この場合も麻酔をしているので痛みは麻酔の注射のみです。痛みの面で見ると炭酸ガスレーザー治療と同じといえるでしょう。

麻酔をしないほくろ除去治療の場合は痛みを伴うことがあります。その一つがQスイッチレーザーです。Qスイッチレーザーは最初に患部をひやします。その後、かなり強く輪ゴムを弾かれたような痛みがあります。レーザー脱毛をしている方であれば、同じような痛みと思っていいでしょう。Qスイッチレーザーの治療を検討している方で、痛みに弱い方はあまりおすすめできません。また、Qスイッチレーザーの治療後は瘡蓋のような治療痕が2週間ほどできるので、アフターケアをしっかりするようにしましょう。瘡蓋が気になっても、刺激を与えないようにすることが大切です。瘡蓋を無理に剥がすようなことはよくないですよ。

Copyright© 2019 ほくろ除去したい人の為の美容整形情報サイト! All Rights Reserved.