サイトメニュー

保険適用される場合

女医

ほくろ除去は医師の判断によって、保険適用される場合とそうでない場合があります。保険適用される場合とは、具体的には例えばメラノーマなどの悪性の疑いがあるほくろもしくは放置すると危険な袋と判断された場合の、ほくろ除去の場合には、保険適用されるケースもあります。皮膚ガンの1種であるメラノーマは見かけは黒子のように見えますが、放置してしまうと全身に転移してしまう恐ろしい癌でもあるのです。通常のほくろとメラノーマを見分けるポイントとしては「形が非対称である」 「色の濃さにばらつきがある」 、もしくは「黒子と肌の境界線が不規則である」もしくは直径が10 mm以上ある、といったようなことに当てはまる場合にはメラノーマの危険性があります。そのため、すぐに皮膚科を受診したほうがよいでしょう。もし、組織を採取してメラノーマと診断された場合には、そのメラノーマ周辺の部位を含めて手術によって除去することになります。また、このようなメラノーマ以外のホクロであってもそのほくろ除去の施術に対して保険適用されるケースもあります。具体的には、肥大化しつつあるほくろ除去の場合や、頻繁に出血しているホクロのほくろ除去、大きさや形状が通常のホクロと異なるほくろ除去する場合やほくろ除去後に病理検査を希望しているような場合にはほくろ除去の場合には、保険適用されるケースもあります。これらの条件をクリアをしていたら必ず保険を保険適用されるわけではありません。このように、保険適用になるかどうかはホクロの状態をを診察した上で、医師の判断や病院の基準に沿って判断されるため、保険適用されるかどうかを知りたい方は、一度病院かクリニックにほくろ除去に関する診察を受けに行ってから確認するとよいでしょう。このようなホクロの状態だけではなく、ホクロ除去方法によっても保険適用されるかどうかは変わるのです。例えばほくろ除去の施術に保険適用されるような手術方法としてはメス切除縫合、くりぬきおよび高周波メス・電気メス切除といったようなほくろ除去を行う際には、保険適用されます。これらのほくろ除去方法によって除去した黒子は病理検査に出すことが可能であるため、保険適用することができるのです。なお、炭酸ガスレーザーであっても、保険適応としているような病院もありますが、保険適用の具体的な判断基準は明確にはされていません。あくまでも医師の判断によって、保険適用になるケースもあり得るといったくらいの知識で良いでしょう。

Copyright© 2019 ほくろ除去したい人の為の美容整形情報サイト! All Rights Reserved.